シェアする

ゾイサイト・アニョライト(灰簾石・黝簾石/かいれんせき・ゆうれんせき)Zoisiteの特徴・意味と効果

シェアする

ゾイサイト・アニョライト(灰簾石・黝簾石/かいれんせき・ゆうれんせき)Zoisite

photo by Parent Géry アニョライト

石の詳細

色 灰色、ピンク色、緑褐色、緑色、青色、紫色

モース硬度 6~7

比重 3.10~3.45

条痕色 無色

劈開 完全

多色性 青色石に強い3色性 青色、紫色、灰緑色

光沢 ガラス光沢

石の特色、別名、フォールスネームなど

ゾイサイトの中で、バナジウムを含み青く透明なタンザナイトが最も有名であり、それ以外はあまり宝石としての価値は高くない

タンザナイト・ブルーゾイサイト(灰簾石の変種/かいれんせき)Tanzanite 石の詳細 色 青色、紫色、青紫色 モース硬度 ...

その他、ピンク色で不透明なチューライト(Thulite:桃れん石)や、緑色で不透明なアニョライトがある

石の名前の由来

発見者であるジグムント・ゾイス(貴族、自然科学者、芸術家のパトロン)から

パワーストーンとしての石の効果

自分を変える力を授ける

やる気を高め、元気がでる

初心に帰らせてくれる

創造力、発想力を高める

不安や恐怖を取り除く

社会的信用を高める

霊的能力の向上

重い問題に使用される

アクセサリー・石言葉やパワーストーンの起源や歴史と医学的効果や意味、ヒーリングの考え方について ジュエリー・アクセサリーの起源と歴史 ...