シェアする

チャロアイト(チャロ石/ちゃろせき)Charoiteの特徴・意味と効果

シェアする

チャロアイト(チャロ石/ちゃろせき)Charoite

photo by Ra’ike

石の詳細

色 紫色・白色・黒色

モース硬度 5~6

比重 2.54~2.58

条痕色

劈開 明瞭

多色性 なし

光沢 ガラス光沢、真珠光沢

石の特色、別名、フォールスネームなど

珪酸塩の鉱物

ラリマー、チャロアイト、スギライトは、世界三大ヒーリングストーンと言われている

スギライト(杉石/すぎせき)Sugilite 石の詳細 色 うぐいす色、紫色、濃紫色、灰色 モース硬度 5.5~6.5 ...
ペクトライト・ラリマー(ソーダ珪灰石/そーだけいかいせき)Pectolite・Larimar 石の詳細 色 無色、白色、灰色、淡黄色...

ロシアンマーブルとも呼ばれる

ロシア連邦サハ共和国のムルンスキー(Murunskii)山でのみ採掘されており、希少である

石の名前の由来

採掘されるロシア連邦チャロ川(Chara River)に由来するという説

または、

ロシア語のcharo(魅惑を意味する)からという説がある

パワーストーンとしての石の効果

心に潜むネガティブな感情や意識を浄化する強い力

人生の転機にいい方向へ導く

恐怖心、不安を払拭する

精神的癒しの力

危機の回避

潜在意識に眠るネガティブなものを克服し、浄化、癒し、安定させる

精神性を護る

心をオープンにする

精神面のリラックス効果

肝臓の働きを助け、体内の毒素を排出する

自分の力で困難や課題を克服するのをサポートするための石

アクセサリー・石言葉やパワーストーンの起源や歴史と医学的効果や意味、ヒーリングの考え方について ジュエリー・アクセサリーの起源と歴史 ...