シェアする

プレナイト(ブドウ石/ぶどういし)Prehniteの特徴・意味と効果

シェアする

プレナイト(ブドウ石/ぶどういし)Prehnite

photo by Rob Lavinsky / iRocks.com

石の詳細

色 淡緑色~濃緑色、黄色、帯黄緑色

モース硬度 6~6.5

比重 2.88~2.94

条痕色 白色

劈開 完全

多色性 微弱な3色性

光沢 ガラス光沢ないし、絹糸光沢

石の特色、別名、フォールスネームなど

プレーナイトとも

結晶の多くは樽型集合体や、ブドウ状の塊として産出する

1788年に南アフリカで発見された

カボションカットで、キャッツアイ効果を示すものがある

熱に弱いため注意

石の名前の由来

ヨーロッパにこの石を紹介した、1768年から1780年にかけて喜望峰に駐留していたオランダの植民地の指揮官Hendrik Von Prehn大佐に由来する

パワーストーンとしての石の効果

負の感情を浄化し取り除くことで心身を軽くさせる

精神を浄化

心身を身軽にする

リラックス

感情的な波を穏やかにし、怒りや不安を和らげる

理性と感情のバランスをとる

思考力、判断力、直感力を高める

不必要なエネルギーを取り除く

協調性を生む

忍耐力を高める

真実を見抜く石と言われる

根気強さと首尾一貫した意志の強さを与える

自然や宇宙の叡智を授かり予知能力が高まる

アクセサリー・石言葉やパワーストーンの起源や歴史と医学的効果や意味、ヒーリングの考え方について ジュエリー・アクセサリーの起源と歴史 ...